安心できる整形外科に行こう

>

どこを見て判断するのか

多い薬は怪しい

薬の種類が、2種類程度ならまだ大丈夫です。
しかし薬に頼り切っている整形外科は、1度に5種類以上も出される可能性があります。
1度にそんな数を服用すれば身体に負担を与えるので、副作用が起こります。
たくさんの薬を出すような整形外科には、行かないでください。
また、薬は最終手段だと考えてください。
ストレッチやマッサージが効かない時に、薬を使います。

効果的なストレッチやマッサージの方法も教えてくれないで、いきなり薬を何種類も処方する医師はおすすめできません。
怪しいので、そんなところは利用しないでください。
安全性の高い整形外科に行くと、まずは簡単なストレッチ方法を教えてくれます。
それでも十分痛みを和らげることができます。

レントゲンを使いすぎない

安全な整形外科を選ぶ時は、レントゲンを使いすぎないことが大事です。
レントゲンを1枚撮影するのに、700円程度のお金が発生します。
むやみに撮ると、レントゲンだけで金額が高額になるので治療費を支払うのが大変になります。
腕前の良い医師なら、1枚か2枚撮っただけでどこの部分に問題が発生しているのか分かります。
5枚以上撮影するような医師は、治療費を多く請求しようと企んでいる可能性が高いです。

信頼性が低いので、すぐに別の整形外科に行ってください。
値段が高額だという噂の整形外科は、無駄にレントゲンを撮っている可能性があります。
たくさん撮影しても痛みの原因が分からない時は、医師の腕前が不足している証拠になります。


このコラムをシェアする